土・日も診療! バリアフリー設計 駐車場有り

まずは歯医者さんで歯周病検診!

歯周病治療

本当は身近で恐ろしい病気―歯周病―

歯周病は、プラーク(歯垢)に潜む歯周病菌が歯ぐきに炎症を起こし、顎の骨を溶かしていく病気。日本の成人の約8割が歯周病に感染しているか、その予備軍といわれるほど身近な病気であるにもかかわらず、自覚症状に乏しく、感染していることに気づいていない人が多いのが現状です。

「歯ぐきから血が出る」「歯がグラつく」は歯周病の危険信号!

歯周病は最終的には歯が抜け落ちてしまうこともありますので、早めに異変に気づき、適切な治療を受けることが大切。以下で歯周病の原因と代表的な症状をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

歯周病の進行段階と治療法

歯周病は感染したとしても、自分ではなかなか気づくことができません。少しでも不安な症状がみられた場合は、一度歯科医院での検診を受けましょう。以下では、歯周病の進行段階と治療法をご紹介します。

初期段階(歯肉炎)

健康な状態では2mm程度の深さの歯周ポケット(歯と歯ぐきの間)が4mm程度まで深くなり、ブラッシング時に出血します。 治療法 プラークや歯石を除去します。

第2段階(歯周炎第1~2度)

歯周ポケットが4~6mm程度の深さになります。歯ぐきに炎症が起こり赤く腫れ、顎の骨も徐々に溶けていきます。 治療法 プラークや歯石を除去します(歯肉炎よりも時間がかかります)。

最終段階(歯周炎第3~4度)

歯周ポケットが6mm以上の深さになります。顎の骨がさらに溶け歯がグラグラし、そのまま放置していると最終的には歯が抜け落ちてしまいます。 治療法 外科手術や再生治療を行います。

歯周病予防

歯周病はお口のメンテナンスをしっかり行うことで予防できる病気です。セルフケアとプロケア、ふたつのケアを継続して行い、いつでも健康な歯を維持しましょう。

ご自分でできるセルフケア

ご自分でできる一番の予防法は、毎日のブラッシング。そのポイントは、正しい方法かどうかです。お口の中の状態や咬み合わせなどによって適切なブラッシング方法は異なりますので、一度歯科医院であなたに合ったブラッシング方法をチェックしてもらうことをおすすめします。

歯科医院で行うプロケア

正しいブラッシング方法でブラッシングをしていても、どうしても磨ききれない部分が出てきます。そこに溜まったプラークや歯石は、歯科医院での「スケーリング」「ルートプレーニング」といった処置でキレイすることが可能。これらの処置を定期的に行うことで、歯周病知らずの健康な歯を維持できます。

スケーリング ルートプレーニング
「スケーラー」という器具を使用し、歯や歯の根の部分から歯石をキレイに除去します。処置後は水がしみたり、歯と歯の間に隙間があいて歯が長くなったように感じたりしますが、数日で歯ぐきが引き締まり元に戻ります。 スケーリングでも取ることが難しい、歯周ポケットに入り込んだプラーク・歯石を徹底的に除去します。処置後は歯の表面がツルツルになり、汚れがつきにくくなります。

歯周病には早期発見・早期治療、そして何より予防が大切です。立川市の若葉グリーン歯科では歯周病予防に力を入れ、患者様へのブラッシング指導、適切なプロケアのご提供に努めています。ご自身の歯を生涯にわたって使うためにも、いつでもお気軽に当院までお越しください。あなたのお口の状態に合わせて、担当医が丁寧にケアします。